60代70代のシニアにおすすめの海外旅行、ウィーン

ウィーンは音楽、美術、建築、スイーツなど素晴らしいものが沢山あり、日本人に人気です。治安が良いのでシニア世代、60代70代の海外旅行先に適しています。オーストリア内でウィーンから近いザルツブルクも含めて旅行ガイド、見どころをお伝えしていきます。

60代70代のシニア海外旅行になぜウィーンがおすすめなのか

f:id:mitrax:20160421234051j:plain

次の海外旅行先をどこにしようか迷っている60代、70代の方もいらっしゃると思います。

シニア世代はどのような視点で海外旅行先を選ぶべきなのか。このブログではシニア旅にウィーンが素晴らしいですよ!という情報をお伝えしていきますが、今回はその理由を書いてみます。

ウィーンがシニア世代におすすめな理由

1. 治安がいい

f:id:mitrax:20160421234222j:plain

シニア世代の旅行で最優先に考えることは治安だと思います。
若い頃から旅慣れている方でしたら多少危険なところでも切り抜けられると思いますが、そうでなければ治安の良いところを選ぶべきです。

日本でもそうですが、シニア世代というのは犯罪のターゲットになりやすいからです。

日本は世界でもかなり治安が良い国として知られていますが、ウィーンのあるオーストリア(オーストラリアではありません!)も治安が良いと言われています。

世界の国の治安ランキングというものがあるのをご存じでしょうか。各国の犯罪件数や経済状態などから算出した世界平和度指数に基づいたランキングで、イギリスのエコノミスト紙によって作られたものです。

このランキングは60代、70代の方が旅行先を決める時に大変参考になりますので見てみましょう。以下平和な順のランキングです。

  1. アイスランド
  2. デンマーク
  3. ニュージーランド
  4. オーストリア
  5. スイス
  6. 日本
  7. フィンランド
  8. ルクセンブルグ

…と続いていきます。日本は6位。そしてオーストリアは4位です。なんと日本よりも平和だと評価されているのです。

私も実際に旅行してみて実感しました。それまでは「世界には日本ほど平和な国は無い、海外はとにかく危険なんだ」と思っていましたが、ウィーンは本当に日本のような治安の良さを感じました。

これでしたらシニア世代が旅するのに適しているだろうと思いました。

2. 日本では見れない街並みが美しい

f:id:mitrax:20160421234314j:plain

私が旅行先を検討しているとき、アジア圏など近い国だと行くのもラクですが街並みや文化が日本と似ているところが多いなと思いました。

それはそれで全く悪くないのですが、私は日本とまるっきり違う景観のところに行ったほうが旅してる感じがして楽しそう!と思い、ヨーロッパに行こうと思いました。やっぱり遠いところだと文化がまるっきり違って見ごたえがあります。

そしてウィーンは街も綺麗で、建築は言わずもがなの美しさ。

私がウィーンに来た初日は見るもの全てに感動!道の角を曲がる度に目に入る景色が新鮮でワクワクしっぱなし。中世の趣が残った美しい街並みを眺めつつ石畳の道を歩いていると教会の鐘が鳴り響く…。今でも鮮明に思い出せるくらい印象深いです。

歩いているだけでも楽しいウィーンは、旅において落ち着いた楽しみ方ができるシニア世代には最適です。

3. 「音楽の都ウィーン」は音楽の魅力だらけ

f:id:mitrax:20160421234401j:plain

クラシック音楽が好きな人はもちろん、そうでない人もクラシックの魅力に引き込むのがウィーンのすごいところです。

身近なところで音楽を聞かせてくれるのがストリートミュージシャン。道端で演奏している彼らはヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、はたまたピアノまで、クラシカルな楽器を使います。日本のストリートミュージシャンのイメージとは全然違いますね。

夕方くらいになると国立オペラ座から街の中心のシュテファン寺院に続く道で沢山のミュージシャンの演奏を楽しむことができます。

ウィーンにはカフェ文化がありますので、道にはカフェのテラス席があふれています。おいしいコーヒーとスイーツを楽しみながらクラシック音楽を楽しむ…。こんな経験をしてしまうとそれまでクラシックに興味が無かった人でも魅力に目覚めてしまいます。

↓ストリートミュージシャンについてはこちらの記事にまとめました。

そしてもちろんプロの音楽を楽しむ場所も沢山。ウィーンを象徴する国立オペラ座に始まり、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートで有名な楽友協会。

また、ウィーンから電車で2時間のザルツブルクまで行くと夏に行われる大規模な「ザルツブルク音楽祭」が楽しめます。モーツァルトの生家もあるのでクラシックファンにはたまらないところです。

ウィーンもザルツブルクも日本人旅行客ツアーの方々をよく見かけました。シニア世代の方が多くいらっしゃり、やはりこの世代の方々が楽しめる場所なんだと感じました。

落ち着いて目と耳へのご褒美をじっくり味わえる街です。

まとめ

私はヨーロッパ旅行でどこに行こうかを検討していたとき、ヨーロッパを周遊した人に一番おすすめの国を聞いてみたら「ウィーンがいいよ」と言われてウィーンに興味を持ちました。そして実際に行ってみてその意味が分かりました。本当に素敵なところです。

ということで私も旅行先を検討している方にウィーンをおすすめしたいと思ってこのブログを書いています。今後はおすすめスポットを色々紹介していきますね。