60代70代のシニアにおすすめの海外旅行、ウィーン

ウィーンは音楽、美術、建築、スイーツなど素晴らしいものが沢山あり、日本人に人気です。治安が良いのでシニア世代、60代70代の海外旅行先に適しています。オーストリア内でウィーンから近いザルツブルクも含めて旅行ガイド、見どころをお伝えしていきます。

ウィーンの中心、シュテファン寺院で街の歴史を感じよう

f:id:mitrax:20160512224459j:plain

ウィーンの象徴といえば、街の中心にあるシュテファン寺院です。

上の写真は一部修復中の時のもの。外観が印刷された布で覆われた部分があります。
シュテファン寺院は、もうとにかく大きい。写真で見るのと現物では迫力が全く違います。私が初めてこの建物を見たのは地下鉄のStephansplatz駅を降りたとき。階段を上って地上に出て、いきなり目の前にこの大きな建物が現れて圧倒されました。今までこんなに大きな聖堂を見たことが無かったのです。

今回はこのシュテファン寺院の魅力をお伝えしていきます。

入口

f:id:mitrax:20160512230510j:plain

シュテファン寺院は入口周辺までなら無料で入れます。
内部を詳しく観たい場合はチケットが必要。
ただしミサ中は内部の見学が出来ません。上の写真のように柵があって入れない状態になります。

ミサは毎日お昼にやっています。むしろミサが見たいという方はその時間に観に行くのも良いですね。

シュテファン寺院内部

開館時間
月曜日~土曜日:6:00~22:00
日曜日と祝日:7:00~22:00

内部見学(オーディオガイド有り無しを選べます)
月曜日~土曜日:9:00から11:30まで /13:00から16:30まで
日曜日と祝日:13:00から16:30まで

北塔、南棟

f:id:mitrax:20160512234315j:plain

シュテファン寺院には4つの塔がありますが、一番高くそびえ立つのが南塔。ウィーン市街を見渡せる展望スポットです。

屋根のモザイク模様も必見。モザイク模様は北塔に登ると見えやすいです。

f:id:mitrax:20160512234827j:plain

高い!!下を歩いている人がとても小さく見えます。

北塔にはプリンメンという大きな鐘が吊るされています。エレベーターで登れます。

聖堂中央部

f:id:mitrax:20160512235529j:plain

ここの全長は107mという大きさに圧倒されます。

四方全てのものが凝った造形ですので見どころが多いです。ステンドグラスも美しい。本当に聖堂といった感じの神聖さです。
このような芸術的な建物が毎日ミサで使われていて街の中心になっているって素敵ですよね。

f:id:mitrax:20160513005230j:plain

見どころの一つ、説教壇。すごく繊細な造りです。

カタコンベ(地下墓地)

個人的に一番おすすめしたいのがここ。
寺院の地上の美しい面を見たら地下も見てみてください。

ツアーでのみ見学できます。
ここには大量の人骨とハプスブルク家の人達の内臓があります。
骨はペストで亡くなった人、約2000体とのこと。

地上は美しいウィーンの街。その中央部地下にこのような世界が広がっているというのは、街の見方が変わります。ただ綺麗なだけではない、長い歴史があるのだと。

不思議な体験をした気分になりますのでぜひ行ってみてください。

カタコンベ見学ツアー

集合場所:地下墓地の下り階段
月曜日~土曜日:10:00から11:30まで /13:30から16:30まで
日曜日と祝日:13:30から16:30まで

まとめ

ウィーンの街の中心にあり、象徴でもあるこの建物。
街の長い歴史を語り継いでいます。
綺麗な建物だなぁというところから一歩踏み込んで、ウィーンとそこで生活していた人々に思いを馳せてみましょう。きっと旅が深いものになっていきます。