読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

60代70代のシニアにおすすめの海外旅行、ウィーン

ウィーンは音楽、美術、建築、スイーツなど素晴らしいものが沢山あり、日本人に人気です。治安が良いのでシニア世代、60代70代の海外旅行先に適しています。オーストリア内でウィーンから近いザルツブルクも含めて旅行ガイド、見どころをお伝えしていきます。

ザルツブルクの街歩きおすすめ場所をご紹介します

f:id:mitrax:20160518140829j:plain

ザルツブルクは歩いているだけでもうっとりする景観を持っています。アルプスの山々が美しく、街の建物も素晴らしく素敵です。

今回はザルツブルクの街歩き観光おすすめスポットをお伝えしていきます。

ゲトライガッセ Getreidegasse

f:id:mitrax:20160518141134j:plain

写真のような鉄細工の看板がずらりと並ぶこの道。旧市街にあるモーツァルトの生家に続いています。
1つ1つの看板がものすごくおしゃれで可愛くてセンスが良くて、商店街ってここまで美しくすることができるものなのかと感激してしまいます。

f:id:mitrax:20160518141722j:plain

f:id:mitrax:20160518141520j:plain

↑マクドナルドもこんなに控えめでおしゃれです。
本当に景観を大事にしているんだなと感じますね。

まさに歩いているだけで楽しい道なので、看板を眺めつつ散歩してみて下さい。

小路

f:id:mitrax:20160518142226j:plain

ザルツブルクに行って面白いと感じるのが、すごく細い小道がいくつもあることです。細い隙間やいくつもの建物の中をくぐり抜けられる道が随所にあり、それが迷路のような秘密の道のような楽しさを演出して、中世ヨーロッパに迷い込んだような感覚が味わえます。

上の写真もその一つ。なんだかワクワクする雰囲気があります。

小路を通ってみても現在地は見失わないようにしてくださいね。小さい街なので2日もいれば慣れますので、慣れた頃にチャレンジしてみることをおすすめします。

祝祭劇場前

f:id:mitrax:20160518143317j:plain

もしあなたが夏季にザルツブルクを訪れるなら、ザルツブルク音楽祭のシーズンのはず。ドレスアップした華やかな人々を眺めるために、祝祭劇場に毎日行ってしまいましょう。

写真がピンボケしか無くて申し訳ないのですが、ドレスアップした人々と、それを眺める人々で本当に毎晩パーティーのよう。非日常の華やかな世界を味わえる、間違いなく観光スポットの一つです。

この時期に行く方はご自分でも音楽祭のチケットをお持ちの方が多いと思います。自分が参加する時だけ行けばいいやとお思いならちょっと待って下さい。

もし雨が降ったりすると、祝祭劇場前の広場のこの華やかな光景は見られません。
実際私は、自分がチケットを持っている日は雨が降り気温も下がり、ワンピース1枚では寒くてガタガタ震えていました。当然写真のような華やかな光景も見られず…。毎晩見に行っていて良かったと思いました。

とにかく見ているのが楽しいのでぜひ行ってみていただきたい場所です。

まとめ

小さな街ながらも素晴らしい見どころばかりのザルツブルク。まだまだ観光スポットがあります。ウィーンからrailjet特急で2時間20分という距離ですので、ぜひとも足をのばしてみてくださいね。