読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

60代70代のシニアにおすすめの海外旅行、ウィーン

ウィーンは音楽、美術、建築、スイーツなど素晴らしいものが沢山あり、日本人に人気です。治安が良いのでシニア世代、60代70代の海外旅行先に適しています。オーストリア内でウィーンから近いザルツブルクも含めて旅行ガイド、見どころをお伝えしていきます。

ザルツブルクに行く前にこの2つの名作映画を観るのがおすすめ!

f:id:mitrax:20160518131722j:plain

オーストリアに訪れた方は、ウィーンだけではなくザルツブルクにも行く方が多いと思います。小さな街なので1~2日あれば見て回れるのですが、素晴らしい見どころが多いです。その見どころを堪能するためにチェックしておきたい映画があります。

そこで今回はザルツブルクを訪れる前に観ておきたい映画をご紹介します。

サウンド・オブ・ミュージック

f:id:mitrax:20160518131643j:plain

ザルツブルクと言えばこの映画です。市内の観光スポットでロケをしていますので映画を見てから行くと「あっここ映画に出てきた!」という場所がいくつも見つかります。

そして映画自体が本当に素晴らしい!ので、この素敵な映画の舞台に行くことが出来るという喜びを感じることでしょう。私も大好きな映画です。

現地に行ってきた後に観ても良いのですが、映画を見てから行くとロケ地巡りをする楽しみもできます。いずれにせよ一見の価値のある映画です。

この作品はわざわざレンタルショップで借りて来なくとも、家から出なくても見れます。

TSUTAYAの「動画配信見放題」「DVD・CD宅配レンタル」を使うのがおすすめ。
「動画配信見放題」は1ヶ月間の無料お試し期間があり、そのあいだは何本観ても無料です。無料期間中に退会すれば料金が一切かかりません。

【TSUTAYA】ネット宅配レンタル+動画配信

家から出なくても好きな映画を観れる時代って本当に便利ですね。

アマデウス

f:id:mitrax:20160518132007j:plain

ザルツブルクにはモーツァルトの生家があります。この写真の黄色い壁の家です。

ここは市内でも一番の見どころといった扱いで、観光客でごった返しています。

私が行った時には日本人女性のコーラスグループが20人程度、この家の前で合唱していました。ギャラリーからは大変な拍手をもらっていました。

彼女たちのように音楽が好きでここに来る方達はモーツァルトのことをいくらか知っているのかもしれません。

しかしクラシック音楽に造詣が深いとは言い難い私のような人は「アマデウス」を観て予習した方が良いです。絶対に良いです。何故ならモーツァルトに関する知識が無いままこの場所を訪れても「ふーん」という感じで終わってしまうからです(私がそうでした)。折角ザルツブルクまで来たのにそれではもったいないです。

「アマデウス」はモーツァルトの人生をサリエリという宮廷作曲家の視点で描いていきます。この映画もまた素晴らしいもので、クラシックファンでなくても楽しめます。むしろクラシックの魅力に目覚めます。

こちらもTSUTAYAの「動画配信見放題」を利用して見てしまうとラクです。無料期間を利用してサウンド・オブ・ミュージックと一緒に観てしまいましょう。

まとめ

旅行の予習、なんて言うと堅苦しいですが、「サウンド・オブ・ミュージック」も「アマデウス」も古い映画なのに今でも評価が高く、どちらも一見の価値のある映画です。極上の時間を提供してくれるこの2つの作品。きっと旅行に華を添えてくれますよ。