60代70代のシニアにおすすめの海外旅行、ウィーン

ウィーンは音楽、美術、建築、スイーツなど素晴らしいものが沢山あり、日本人に人気です。治安が良いのでシニア世代、60代70代の海外旅行先に適しています。オーストリア内でウィーンから近いザルツブルクも含めて旅行ガイド、見どころをお伝えしていきます。

ウィーンとザルツブルクの治安の体感。シニア世代にも安全か

f:id:mitrax:20160607141809j:plain

オーストリアは治安がいい国だと言われていますが、実際行った体感での治安はどのような感じなのでしょうか。シニア世代の方は旅行先を選ぶとき、治安が特に気になると思います。

今回はウィーンとザルツブルクの治安の印象について書いてみようと思います。

夜道を歩いてみた

ウィーンは夜道を女一人で歩いていても危険を感じませんでした。

海外でこんな国があるとは思っていなかったのでびっくりしました。ウィーンにいたときは夜9時くらいまで外で遊んでいて、その後地下鉄に乗って宿に帰っていました。

ウィーンのリンク内はこの時間でも人が多いので安全ですし、宿に帰る時は人通りの少ない道も歩きましたが嫌な怖い雰囲気がありませんでした。

ちなみにこれはザルツブルクでも同じでした。

そのとき私は外が真っ暗な中、夜道をスマホの地図を確認しながら歩いていました。

そうしたら若いカップルとすれ違って、男性の方が私に話しかけてきました。ちょっとそのスマホ見せて、みたいな感じだったと思います。

それでスマホの画面を見て、「いいねそれ」という感じで笑顔で去っていきました。
スマホを奪われるようなこともなく、気さくに会話しただけ。この国は平和だなぁと思った出来事でした。

夜道といっても私が歩いていた時間は12時過ぎていたわけではないので、夜がいつでも安全とは限りませんが一つの治安の目安になるかと思います。

それでも海外で女一人で夜道を歩くのはやっぱりどうかと思いますので真似しないでください。笑

お金のこと

f:id:mitrax:20160607142038j:plain

盗難やスリは経験しませんでした。

ウィーンでは私は5人部屋のドミトリーに泊まっていたのですが、部屋の共用の机の上にノートパソコンを置きっぱなしにして寝ている同室の方がいました。ちょっと危機管理無いなぁと感じつつも、そのノートPCが盗まれる気配が無いのでやっぱり安全な国なんだろうなと感じました。

しかしザルツブルクではちょっと残念なことがありました。

ここでも私は安宿のドミトリーに泊まったのですが、その宿はチェックイン時に宿泊料金を支払います(安宿はたいてい前払い)。

私が支払って、そのときにフロントの男性がお釣りをごまかして渡してきました。私がもらったお釣りを確認するそぶりを見せると、気まずそうな顔をして「あっ間違えた」といった感じでお札を何枚か渡してきました。

私はまさかそんなことをされているとは気づいていなかったので、そのまま受け取ってフロントを離れましたが、よく確認してみると追加でもらった分を合わせてもお釣りが少なかったです。

海外の通貨に慣れていなくておつりの計算がすぐにできないというのは観光客の弱みだと思います。それにつけこんで来る人もいるんですね。きちんとその場で確認したほうが良いと思った教訓でした。

それにしてもこの一件でザルツブルクのイメージがすごく残念になってしまいました。若くてかっこいいお兄さんだったのに、何でそんな残念なことをしてしまうんだろう…。そんなふうに盗んで僅かなお金を得ても、その分自分のモラルや人徳を失ってしまいますので割に合わないと思うのですが。

また、この宿では同室の女性の財布が行方不明になっていました。私はここに3泊いたのですが、結局財布が見つかったという話は聞きませんでした。なんだかおかしい宿だなという印象。

宿以外はザルツブルクはすごくいい場所だったので、そこだけが残念ですね。
ウィーンで泊まった宿もここと同じくらいの値段で同じようなランクのはずなのに、あちらは平和。たまたま巡りあわせの問題なのかもしれませんが。

まとめ

少なくとも海外=危険というイメージは当てはまらないのがオーストリア。日本と同じくらいの治安だと感じます。

日本人の60代、70代のシニア世代も多く見かけますので、シニアの海外旅行先としてはおすすめできる場所。普通に観光して、宿も安宿ではなくて普通のホテルに泊まれば何も問題ないところです。

検討なさっている方はぜひ行ってみてくださいね。